漢方薬と西洋薬の違いとは?

風邪を引いて薬を飲む時には、西洋薬と漢方薬のどちらを選んだら良いのでしょうか?

西洋薬は病院で処方される一般的な薬で、体が症状を速やかに自然治癒するための炎症反応を抑える薬なのですが、漢方薬は症状の炎症反応を終わらせる薬です。

西洋薬は、症状は楽になる事が考えられますが、治るのは遅くなるという事なのです。

漢方薬は炎症反応が適切に終わるようにサポートする薬であり、体格や状態など風邪症状に応じて種類豊富なので色々な選択肢があると言えますよ。

一般的な風邪の症状に効果がある薬を選ぶのであれば、漢方薬の方が選択肢が多くて対応できるという事ですが、感染症には西洋薬の方が良いので、症状に合わせて使い分けると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です