グレープフルーツと薬の関係

薬の飲み合わせは常日頃から注意が流されていますが、その中でも特に注意が必要として知られているのが「グレープフルーツ」です。

グレープフルーツは一般的にカルシウム拮抗薬という高血圧に出されるお薬と相性が悪く、万が一これらを同時に摂取してしまうと、長時間体内に薬が残ってしまうので効果も強くあらわれてしまいます。
グレープフルーツは馴染み深いフルーツであることから名指しで注意が促されていますが、同様の理由でサワーオレンジや夏みかんといった柑橘類は薬との相性が悪いので注意しましょう。
ちなみにこれらがジュースであっても良くない飲み合わせとなりますので、心配な方は事前に担当医や薬剤師と相談しておくのが安心ですね。

他にも細かく服用が注意されているものがあるので、確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です