頭痛薬は飲むべきではない?

頭痛の時には頭痛薬を飲んで終わり・・・とそれだけで終わらせてしまっていませんか?
頭痛は現代病と言われるほど多くの方が悩まされている症状ですが、医者にも行かずに頭痛薬を飲むだけというのは非常に危険です。

まず頭痛薬は頭痛の根本的な治療をしているのではなく、ただ単に痛みを止めるだけの対症療法のための薬ですので、結局頭痛の原因はそのままとなってしまいます。
頭痛を止めたいのならば薬を飲むのではなくその頭痛の原因に対処する必要があるのですが、もちろんそれは個人で特定するのは難しいので早めに医師の診断を受ける必要があります。

頭痛が起こる度に頭痛薬を飲んで痛みを抑えている、頭痛薬を日常的に服用しているというのは薬物依存症にも繋がってしまうだけでなく、頭痛の原因が大病だった場合には発見が遅れて最悪の事も考えられるのです。

そのため頭痛薬を服用するのは重要な用事がある場合に限定することが求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です