咳止め薬の選び

咳が出るのには風邪であったり、気管支が弱くなっていたりと、様々な原因がありますので、お薬を飲むときもその症状に応じた咳止めを飲むようにしてください。
また咳止めの多くは、治療よりも咳の症状を緩和することで体力の消耗を抑える対症療法の意味合いが強いです。

咳止めを選ぶ時には、自身の咳が痰が絡んでいる「乾性咳嗽」なのか、痰が絡まない「湿性咳嗽」という点を重視しましょう。
乾性咳嗽はアレルギーによる咳喘息などが原因の場合が多いので、気道の炎症を抑える成分のあるお薬を選んでみてください。
湿性咳嗽は風邪や気管支炎などの感染性の咳の可能性が高いため、去痰剤を含むお薬がいいでしょう。

自分で判断が難しい場合には、薬剤師にどういった咳かを説明し、選んでもらうと安心です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です