薬を水で服用する理由

最近身体に何らかの不調があったり、悪寒が走ったりして「病気かな?」と思った時には、医師に診てもらって薬を処方してもらったり、市販薬を飲んでみて様子を見てみたりすると思います。

薬を飲むときは水やぬるま湯で飲むのが一般的ですが、なぜ他の飲み物で飲んではいけないのでしょうか。
例えばお茶は薬の高皮お弱めてしまう可能性があったり、牛乳は薬が効果を発揮させる為に時間がかかりすぎてしまうことがあります。
そしてコーラはカフェインの作用で眠れなくなってしまうかもしれませんし、果物ジュースや野菜ジュースなどは果物・野菜それぞれの成分が薬の効果を変えてしまうことがあるのでNGなのです。

万が一これらの飲み物で服用してしまっても大事に至ることは滅多にありませんが一つだけ例外で、お酒で薬を飲むのだけは絶対に辞めるようにしてください。
アルコールは薬の血中濃度に大きく影響するため、薬の効果が大きくなりすぎてしまい大変な状態になってしまうこともあるからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です