大衆薬と医療用医薬品の違い

大衆薬、つまり一般用医薬品は薬局で誰でも購入出来るお薬で、医療用医薬品は医師の処方箋が無いと買えないお薬となります。
それぞれはただ入手方法が違うだけではなく、もちろん作用等にも違いがあります。

まず大衆薬は誰でも購入できるという手軽さから、素人でも取扱説明書の通りにすれば比較的安全に服用できるお薬です。
しかし安全面を重視しているため、医療用医薬品と比べて作用は低めになっていることが特徴と言えるでしょう。
過敏症の方、衰弱の著しい場合には安全性に不安が残るため、薬局の薬剤師などに相談してから購入することをおすすめします。
また取扱説明書に記載されている一定の期間服用しても症状の改善が見られない場合には、医師の診断を受けるようにしてください。

医療用医薬品は医師が処方するお薬のことで、同じ症状の人が2人いたとしてもそれぞれの診断に基づいた薬の選択や用量・用法などが決められます。
大衆薬に比べて効果・副作用共に強いので、医師の指示通りに服用するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です