薬のプラシーボ効果って何?

薬には、プラシーボ効果と呼ばれるものが存在していますが、一体どんな効果なのか知っていますか?

プラシーボ効果とは、薬の成分を含んでいないプラセボを薬だと偽って服用させた場合に、偽薬を服用した患者の症状が改善するという治療効果の事であり、いわゆる暗示のようなものなので、痛みなどの症状には効果があるとの事です。

人間には自然治癒力という病気を治す機能が備わっていますが、自分自身に暗示をかける事によって、健康も取り戻せるかもしれないのだそうです。

この効果は、医師も科学者も明確に説明できない現象の一つであり、人間以外の動物にも起こりうるのだそうです。

例えば抗鬱薬を使わなくても、この効果を利用すればうつ病すらも抑えられるのではないかと言われていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です