高血圧の薬にはどんな種類があるの?

高血圧になってしまうと血圧を正常に戻すための薬を服用する事になりますが、その薬の特徴と服用の注意点についてご紹介いたします。

高血圧の症状は自覚症状が殆どなく、高血圧の症状が長期間続くと血管がボロボロになったり、脳や心臓に負担がかかって脳卒中や心筋梗塞などの深刻な症状を引き起こす事が考えられるのです。

血圧を下げる降圧薬にも幾つか種類があり、カルシウム拮抗薬や利尿薬、ACE阻害薬やβ遮断薬があり、それぞれ効果が異なっていますよ。

カルシウム拮抗薬は血管を広げる事によって血圧を下げるという作用がある薬ですが、利尿薬は血管にある水分や塩分を尿として体の外に出す事によって血液量自体を減らし血圧を下げるという薬です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です