抗鬱薬の種類について知っておこう

うつ病の薬である抗鬱薬にも幾つか種類がありますので、ぜひ参考にしましょう。

抗鬱薬は大きく分けると2種類あり、従来薬と呼ばれている第1世代と第2世代の抗鬱薬は古くから使われているそうです。

新世代薬は第3世代・第4世代・第5世代の薬があって、薬の作用によって分けられるのです。

セロトニンやノルアドレナリンの再取り込みを阻害するかどうかに違いがあり、従来薬はこれらの濃度を増加させるのですが、副作用が多いのだそうです。

新世代薬はセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを抑制しますが、副作用を抑えることができるのです。

日本で認可されている抗鬱薬は第1世代から第5世代まであり、服用する場合には自分の体や症状の改善に合う物を選ぶ必要がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です