薬を正しく服用するためのポイントとは

薬を服用するなら、正しい方法で服用することが大切ですから、医薬品の知識についてご紹介いたします。

医薬品には、医師が処方して薬剤師が調法する医療用医薬品があり、さらに先発医薬品と後発医薬品に分類されていて、ドラッグストアなどで購入できる薬のことを一般医薬品と言います。

薬の形も様々な物があり、内服薬では錠剤やカプセル、シロップや散財などの種類があり、外用薬では貼付剤や軟膏、坐薬や点眼薬、クリームなどの種類があり、注射薬では注射や輪液などがありますよ。

内服薬は、口から服用して体内に運ばれますが、その間に薬が溶けて成分が血液中に送られて、目的の部位で効果を発揮するのです。

効果を発揮した後には尿や便と一緒に体外に排出されるという仕組みになっていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です