湿布薬には秘密がある?

肩や腰、膝などが痛くなった場合に、湿布を貼って症状を和らげるという人も多いかもしれませんが、湿布を貼っても症状が改善しないのは何故だか知っていますか?

湿布薬を貼る事により、痛みが治ると思っている方もいるかもしれませんが、実際は熱感を抑えたり痛みを取るという作用があるのです。

痛みが発生するのには理由があり、痛みのそもそもの原因を取り除かなければ根本的な解決にはならないので、痛みを薬で遮断すれば一時的には楽になるかもしれませんが、その後に再び痛くなる人も多いのだそうです。

湿布には冷湿布と温湿布がありますが、皮膚の表面の温度に多少の差が出るだけで、成分に大きな違いはありませんので、温める目的で湿布を貼るよりもお風呂に入って温める方が良いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です