どうして薬を飲んでも効かないの?

病は気からという言葉があり、副作用が怖いから薬なんか飲みたくないと思っている人もいるかもしれませんが、そのようなマイナスなイメージを持ったまま服用しても、薬の効果は得られないのだそうです。

薬は効くと思いながら飲むと、プラセボ効果いわゆる偽薬効果により、たとえ薬と偽ってデンプンを飲んでても自然治癒力により体に良い効果をもたらすのだそうです。

薬に対して不信感や不安感を持っていると、薬を飲んでも効かない場合があるようですので、薬を飲もうと思っているなら、効果を信じて服用するようにしましょう。

精神科で名医と呼ばれている医師は、このプラセボ効果を引き出すのが上手いと言われていますので、信頼できる医師からの薬を服用するようにしたり、薬に対する不安感を取り除くことが大切ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です