うつ病の薬には種類がある?

うつ病になった時には、治療のために医師から薬を処方されますが、うつ病の薬には種類がありますのでご紹介いたします。

抗うつ剤は、気分の落ち込みなどの症状を緩和することができますが、昔に比べて副作用が出にくい薬が開発されていますし、休養することにより多くのケースで症状を改善させることができるのです。

うつ病の症状に応じて、抗不安剤や睡眠薬、気分安定薬などを組み合わせて処方される場合もあるようです。

抗うつ剤は、落ち込んだ気分が続いていたり、やる気が出ない時に服用すると、セロトニンやアドレナリンを増加させることができますので、うつ病の症状を緩和させることができますよ。

NassAやSNRI、SSRIや、リフレックスレメロンやサインバルタ、ジェイゾロフトやトレドミン、パキシルやレクサプロなど様々な種類があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です