薬はどんな働きをするの?

薬は、辛い症状や病気を改善するために服用する物だと思っている方も多いかもしれませんが、医薬品は必ずしも病気を治療できる物ではありません。

病気を根本の原因から治してくれる効果を持つ医薬品の方が少ないですが、多くの薬は病気の症状を和らげる効果が期待でき、対症療法で活用されるのです。

高血圧や糖尿病などの生活習慣病の薬は、一生飲み続ける必要がありますが、薬を服用してもそれらの症状を完治させることはできませんし、薬の服用を止めてしまえば再び症状が悪化することが考えられますよ。

薬は人が健康に生きていくために貢献しており、現代では上手く付き合うことのできる病気でも、薬が生まれていなかった時代には死の病だと言われていたのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です