医師は薬を飲まない?薬の正しい知識

普段から薬局や病院で処方された薬を服用していますが、何故医者は市販の薬を飲まないと言われているのか知っていますか?

体調が悪くなったら、学校や仕事を休んで病院で受診するという方も多いかもしれませんが、本来は風邪程度の症状で病院に行くべきではないのです。

風邪とは普通感冒のことであり、鼻や喉、頭痛や発熱などの症状を伴うことがあり、複数のウイルスに感染していることも考えられますが、薬はこれらのウイルスに効果をほとんど発揮しなかったり、逆に免疫力を下げてしまう可能性もあります。

病院に行き、とりあえあず抗生物質を処方しておくと言うような医者もいるかもしれませんが、市販薬を飲むと副作用などを起こすこともありますので、とにかく辛い症状ではないのであれば薬の服用は必要ないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です