薬の副作用は少なからずある?

薬を飲むのには、頭の痛みを無くしたかったり、お腹の痛みを無くしたい、咳を止めたい等、様々な目的があるかと思います。

このように、頭痛薬を飲んだら痛みが無くなった、胃腸薬を飲んだら症状が和らいだというように、本来の目的にあった効果を発揮することを主作用といい、同時に眠くなってしまったりのどの渇きを感じるようになるような好ましくないような症状が出ることを副作用といいます。
殆どのお薬では副作用が起こっても、先ほど挙げたような眠気が出たり体が痒くなったりというような軽い副作用となります。

しかし、ごく稀に命にも関わる事がある、重い副作用(薬害)を起こすことがありますので、飲み慣れているお薬であっても、いつもとちょっと違う症状があるようなら、すぐに薬剤師や医師に相談するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です