市販薬と処方薬の違い

たまに病院で処方される薬の名前を見てみると、市販されている薬と同じ名前のものがあったりしますが、こうした同名の薬の違いは一体何でしょうか。

例えばロキソニンの場合は長年に渡り安全性が確認され、市販しても良いのではないかと判断されたことで市販薬としても販売されるようになりました。
このように従来では医師の処方でしか入手出来なかった医薬品が、市販薬として薬局でも入手出来るようになったものを「スイッチOTC薬」と呼びます。
成分や効果も全く同じで、市販だから効果が劣るという事はありません。

しかし医師から処方された薬に関しては医療保険が適用されるので金銭的な個人負担は軽減されますが、ドラッグストアなどで購入すると全額負担になってしまうという点に注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です