薬に合わない飲み物と食べ物

薬は副作用があったりするのだそうですが、飲み合わせによっては効きすぎたり、効果がなかったりすることがあるようです。飲み合わせが悪いことで危険を伴うことがあるそうですので紹介します。

珈琲や紅茶等でカフェインが多いものは頭痛を抑える薬と相性が悪いようで、心臓の心拍数が上がってしまったり気持ちがイライラしてしまうことがあり、場合によっては全身に湿疹が出てしまうこともあるようですよ。
カルシウム等薬で反応しやすい牛乳は、抗生物質や抗菌薬等はカルシウムと結合しやすく、結合すると、体内で吸収されにくいキレートという構造に変化し、薬の効き目が弱くなってしまいますよ。
お酒は薬の成分を有害な物質に変化させてしまうことがあるので避けましょう。
チーズは、チーズに含まれているチラミンが激しい症状を起こしてしまうそうですので避けましょう。

沢山の組み合わせがあると思いますが、薬を服用する際は薬と飲み物の組み合わせに気をつけ、必ず医師の指示に従って水で服用しましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です