薬を服用する際の飲み物

薬を服用する際、処方されると思うのですが、内服薬の説明書を見ると、殆どの場合、水かぬるま湯で服用してください、と記載されています。
水で服用すべきなのは知っていると思うのですが、ついつい別の飲み物で薬を服用してしまう人も多いのではないでしょうか。

何故、水ではないといけないのかというと、相互作用と言うものが存在しているからですよ。相互作用が働く飲み物で薬が服用してしまうと薬の作用効果が低下したり、効きすぎたりと弊害を引き起こすことがあるのです。

アルコールやグレープフルーツジュース、牛乳、スポーツドリンク、珈琲、炭酸飲料等たくさんあるけれど、水以外の摂取をすることによって体調を大きく崩してしまうということもありますので、きちんと水やぬるま湯で飲みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です